■チームジャスミンにChu! 茉莉花と龍虎の楽園blog■

ドッグスポーツ大好きのアスリートDogs!
ハマの黒いトルネード、黒ラブ“ジャスミン
(9歳11ケ月♀ ☆2013/1/15☆= Jasmine! ほんとにほんとに心から愛していたよぉー!)”
ハマの昇り龍、トライのボーダーコリー“てぃだ・どらごん(9歳♂)”
ハマの黒虎“タイガー・ピカケ(5歳♂)”への
熱い想いを綴った楽園ブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2006.02.13 Monday

てぃだの、さらになーんちゃってフィールド・トライアル

昨日のジャスミンのフィールドトライアル体験中、てぃだはどうしている?
ほとんど車内クレート待機。
もっとも、ジャスミンも競技中以外はそう。
自分のクレートは家の中でも外でも、安心できる我が城と刷りこんできたので
そう抵抗はないかと思う。
とはいえ、広くはないクレートにずっといるのも何ですので、時々出して遊ぶ。
てぃだは、ノーリードでもワタクシの周りをぴったりと離れず、
始終顔を見上げて指示を待ち・・・、キレて走ってどこかへ行ってしまうなんて
可能性は、・・・すっご〜くある!! 
うっきゃっきゃモードになっちまう。アイコンタクトもせず自由を満喫なさる。
育て方が間違っているのかなぁぁ。ピタっとくっついてアイコンタクトをする
お友達ボーダーを見ていると、毎回、感じてしまう不安。
てぃだと、そう月齢の変わらない子にだって、そういうわんこはいる。
すまんね、こんな飼い主で・・・と思いつつも、「くぉらぁ〜!こっち向かんかい、
この、あんぽんたん!」と叫びそうな日々を重ねております。
それは置いといて(いや、置いといちゃいかんが、ひとまずね)。

ジャスミンが頑張って仕事をしているフィールドの反対側で、
ちみもちょびっと仕事をしてみんしゃい!

ロングリード装着ー!

▼Stay!(待て)だよ! 指示待ち顔するじゃないか、いっちょまえに!


▼5m先にターゲットの紐付きボールを置いてあるよね? 見えるね?
よし!「Take!」


▼Takeしたよぉー、誉めてけろーっ!

よしよし! 偉いぞーっ!・・・と誉めてはみたが、10ケ月でこんなん誉めるレベル
でいいんだろうか?

ま、てぃだに関しては、よしとしよう。

日頃は皮のリードをさらに半分に短く持って、できるだけそばに付けるように
している。今日はリードを長くして、他のわんこやヒトなど誘惑の多いフィールド
周辺を歩いてみた。
ふらふら行きそうな時は、リード(ハーフチョークの首輪)でショックをかける。
気が散りそうな時は、高めの声でアテンションをかけて小走りに走り出す。
自由に行動できる範囲を広くして、でもしっかり注意をこちらへ向ける練習。
日頃が短いリードなので、止まってくっつく時はピタっとくっつくクセが
付き始めたようである。
実によろこばしいことであるぅ〜!

思うんだけどぉー。。。
ジャスミン育児で失敗しちゃったことは反省して、うまく行ったことはさらに
改良して、てぃだへの育児を行っているつもり。
なーのーに・・・あんまり上手に反映できておらん! 
成果物が今のてぃだ坊だもんなぁぁ〜。

でも、やつもワタクシもまだ発展途上だし、ジャスミンも育児に貢献してくれて
いるし、希望を持って向かわねばね。
てぃだも家族の一員、チーム・ジャスミンのメンバーになりつつあるのは確か。
なーんか、おばか具合が愛しいもんっ(笑)

ジャスミンのクローンが来たら、上手に反映できるんだろうね、きっと。
でも、やつは、ラブじゃないし、女の子じゃないし、何たってジャスミンじゃないもんね。これからも一緒に育って行きましょうかね。うん、そーしよー!

2006.02.12 Sunday

ジャスミン、初のフィールド・トライアル

茨城のくきざきで開催されたフィールド・トライアル、ジャスミンは初参加
ですが、経験がないので、「なんちゃってFT」かも〜(笑)

アジやエクとまた違い、犬の本能に頼るゆえ、ハンドラーは併走もできず
ただひたすら、コントロールエリアで待つのみ・・・。
日頃、「待てない女」がフィールドを走り、「走る(追いかける?)男」の
ジャスPPがじーっとジャスミンを待つ、面白い構図である。

■レトリーブI

ダミーを投げる。そのダミーをジャスミンがレトリーブして、ジャスPPのもとへ。
フィールドにいくつかのエリアが仕切られていて、ポイントをそれぞれに設定。
投げたダミーが落ちたところのポイントが加算される。制限時間2分。
遠くにある10ポイントに、毎回投げることができれば、そしてジャスミンが
それをレトリーブしてくればいいだけ・・・のことなんですがねー。

1投目は、10ポイントのエリアに置いてきて、レトリーブすればポイント加算。
ジャスPPが置きに行く間、ジャスミンがコントロールエリアから1歩も出ず、
待てるかどうか。。。
▼待てない女、返上したか? じーっと待っております!


▼ダミーをレトリーブ! 一目散にジャスPPのもとへダッシュで帰還。

健気だねぇー。惜しむらくは、投げ手のコントロールがよろしくなくて
低いポイントのところにしかダミーが投げられないこと。
18ポイントで16位でした。

■レトリーブII (101テンピンレトリーブ)
101個のカラーボール(テニスボールより少し大きな固めのビニールボール)を、
くわえて持ってくる。赤・青・黄など色によってポイントがわかれていて、
1個しかないサッカーボール模様は20点。制限時間2分。

カラーボールはターゲットとして、みんな認識しないのか?
その付近には行くものの、くわえて持ってくるまでに至らず。

▼ジャスミン、ボールだよ、持って来るんだよー。
(でも、あの大きさのボールで遊ばせたこともないなー)


▼「ジャスミン、Go!」・・・ほい来た!!


▼ウーンこれらは何?・・・「ジャスミン、Take!」


▼ボールという認識はないままに「Take」に反応して、とりあえずくわえてみるが
やはり大きくてポロッ


▼ジャスミーン、Take!Come!・・・パパわかった、これ、とりあえず持って帰る!


▼よし偉いぞ! もう一度、Go! 
パパ、持って帰ると喜んでくれるのね! ラジャー、今度は黄色〜!

ちょっと楽しくなったジャスミン、6点ゲットで5位入賞
ナイキのTシャツ、ゲットなり〜。

■ブラインドサーチ

新品の軍手に、パパの匂いをつけて、それをフィールド内に隠した場所から
探し出す。隠す場所は抽選。制限時間3分。

空き時間に練習してみた。ジャスミン、パパの手袋を見事に探し出す。
しかし、パパでもママでもない人が、フィールドにターゲットの軍手を隠して
探せるものなのかな?

「ジャスミン、Go! Find!」
勢いよく飛び出したものの、まず仕事が理解できているのか?
パパの匂いのついた軍手を探すんだよ〜。

▼鼻と勘に頼って、一生懸命に仕事をするジャスミン
おおっ、そこ! その車のタイヤの上にあるよ!
・・・あれれ?? 行き過ぎるなぁぁぁ〜っ


▼何にもないところで、固まってしまうジャスミン。
気になる匂いがあったのか? パパとモグラの匂いが似てた?


コントロールエリアで待つしかないジャスPP。右とか左とか言っても
ジャスミンにはわからないもんね〜。
全然違う方向へ行っちゃったら、一旦、呼び戻すくらいしかできない。

▼時間切れ〜。残念。自信をなくさないように、あたかもジャスミンが
見つけたかのように、ジャスPPが場所を誘導。

コントロールエリアに一緒に戻って、誉めてあげる。
よし! よくがんばった! まるで、レトリーバーのようであるぞ!(笑)

とにかく寒くて風の強い1日だった。突風と砂嵐にまみれたジャスてぃだは
洗うと、きっと茶色の水が流れるに違いない。

▼くきざきのフィールドに落ちる夕日


▼天気は良かったので、夕暮れの空のグラデーションが綺麗である


いつもは、100分の1秒を競う競技に出ている。ハンドラーが一緒に
フィールドを駆け、コマンドやボディアクションで誘導する。
フィールドトライアルは、全く異質。ジャスミンだけがフィールドに出て
仕事をする。2分とか3分という持ち時間が短いような長いような。。。
でも、ジャスミンはやっぱりラブラドール・レトリーバーでした。
一生懸命、仕事をやり遂げようとする。
仕事をする喜び、ジャスPPに誉めてもらう幸せを知っているんだね。
その充実感と達成感、ジャスミン家には良い経験になったぞよ。

▲top