■チームジャスミンにChu! 茉莉花と龍虎の楽園blog■

ドッグスポーツ大好きのアスリートDogs!
ハマの黒いトルネード、黒ラブ“ジャスミン
(9歳11ケ月♀ ☆2013/1/15☆= Jasmine! ほんとにほんとに心から愛していたよぉー!)”
ハマの昇り龍、トライのボーダーコリー“てぃだ・どらごん(9歳♂)”
ハマの黒虎“タイガー・ピカケ(5歳♂)”への
熱い想いを綴った楽園ブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.01.22 Wednesday

夢乃が逝って4年が過ぎた

JUGEMテーマ:ペット

夢乃が逝ったのは4年前の今日、早朝。16歳だった。

身体の小さな、でも気持ちのしっかりした
猫にこういう言い方が当てはまるかどうかわからないが
芯のしっかりした、かーちゃん猫だったよ。

抱き上げた時のふんわりした感覚、
遠慮がちな甘え方、忘れない。

逝った瞬間は、その映像が心にくっきりと残っている。
その時を思うと、やっぱり心は痛む

本当に愛し尽くせただろうかという気持ちは残る
大きな喜びや笑顔をくれた夢乃への感謝の気持ちも。 

手を合わせる。


夢乃は真ん中で背中を向けている
左が娘の紫乃・・・夢乃の翌年に
右は息子のサスケ・・・紫乃の翌年に
みんな毎年続けて見送ってしまった。
さびしい。。。

わんことは、また違うにゃんこの柔らかさ、甘え方、良い意味でのマイペース
懐かしいなぁぁ

2013.11.27 Wednesday

にゃんこ紫乃 3回忌

JUGEMテーマ:ペット

サスケと同胎の紫乃が逝って2年が過ぎた
16歳半だったよ



サスケはパパ・しんのすけに似ていたけれど
紫乃は、ママ・夢乃似で、サスケの半分くらいのちっちゃさ

きりっとした顔だけど、べたべたな甘え方をする可愛い子

▼横浜に越してきた時、ダンボールでくつろぐにゃんず
奥が紫乃、手前がママ・夢乃、サスケは入りきれなくて右にいる


▼てぃだとも仲良しだったよ
紫乃を舐めてあげるサスケ


▼サスケと夢乃がダンゴになっている下にもぐりこんだ紫乃



にゃんこは、わんことはまた違った存在感がある。
気が付くと、するっとすぐ傍にいる。
小さなぬくもりが大きく心を温かくしてくれる。

去年まで3年続けて3にゃんこがいなくなった。
長く一緒にいたから、いまだ喪失感は大きい。

愛情と責任を持って育んで、お見送りしたつもりだけど
私はこの子たちに心を尽くせていただろうか。
にゃんずからもらったものはさらにさらに大きかった。
心からありがとう。


2013.11.18 Monday

サスケ1周忌

JUGEMテーマ:ペット

サスケが17歳半で逝って1年が過ぎた。

▼ジャスPPがいないので、一人で手を合わせます。
131118PB180007.jpg

▼逝ってしまう1ケ月前までは、17歳には見えないくらい元気だったよ


▼私の掌で寝入ってしまうのも可愛かった。
今でもサスケの頭の重さと、ごろごろと喉を鳴らす感じを掌が覚えている


夜、寝るときには、私の腕の中で
腕の形にすっぽり収まっていた

甘えん坊で、7kgの大きな体全身を私に預けて
すり寄ってきた

まるい、やわらかい、あたたかいサスケが恋しい

▼去年、ジャスミン・てぃだ・タイガーの3頭で見送りの挨拶をしたよ




▼タイガーととても仲が良かった。
タイガー、サスケの弟分でさ、よくくっついてた
110407RIMG0016.jpg

120418DSCN2467.jpg

120418DSCN2465.jpg

▼タイガーが来る前は、てぃだとも仲良しだったよ



サスケ

私の、辛い時も、悲しい時期も、嬉しい時も

17年間、ずっとそばに寄り添ってくれた

いまも大好きだよ!

2013.01.22 Tuesday

夢乃…あれから3年経つんだね

JUGEMテーマ:ペット
 
2010年の今日、早朝に夢乃が旅立った
うちに来た時は、身体の小さな弱そうな子だったけれど
16年半、元気なおかーちゃんだったよ

130122yume02.jpg

夢乃が産んでくれた、紫乃を翌年の2011年
サスケも2ケ月前の2012年11月に見送った

丸っこさ、柔らかさ、ふんわりした温かさ
すりよってくる仕草、見上げて鳴く声
全部が恋しい

我が家ににゃんこが居ないのは
20年ぶりです


2012.10.20 Saturday

わんずスペースでまったり昼寝のサスケ

JUGEMテーマ:ペット

サスケのお気に入りの場所のひとつ
わんずスペースで、日向ぼっこ&お昼寝中のサスケどん
20121021PA210041.jpg

 

2011.03.16 Wednesday

吾輩は犬である…ってか?

心身ともに身軽にならなきゃと思ったけれど、

同時進行で大掃除もせねばなりませんね。

足の踏み場もない我が家は、災害時には危険この上ない。

こっちのものを、あっちへ移すだけでは、解決しない事は

ええ、ええ、うすうす気が付いておりましたよ。

 

打ち合わせは全てメールと電話とSkypeなので、

移動時間がなくなった。

時間は作れる、ちゃんとしよう!

 

 

ところで、うちのサスケどんね。

自分を猫とは、恐らく思っておらんです。

 

▼わし、わんこスペースに入る

110315RIMG0001.jpg 

 

▼いきなりのダイビング! おいっ、大丈夫か? まもなく16歳!

110315RIMG0002.jpg
 

▼そんで、わんこの水を飲む。
サスケにーちゃんって…

110315RIMG0004.jpg
 

▼なんか問題でも? いえ、別に。

110315RIMG0005.jpg
 

▼そして、脇目もふらずタイガーのそばへ

110315RIMG0007.jpg
 

▼こーんな感じ

110315RIMG0008.jpg
 

んで…そろそろ出るよ

 

▼わし、出る

110315RIMG0016.jpg
 

▼だから、出るって
110315RIMG0017.jpg

 

▼開かんなあ。確か、ここから入ったから、ここから出れるか?

110315RIMG0020.jpg 


▼仕方ないわねぇ、と助け船を出すのは、いつもジャスミン。

鼻で器用にぐいぐいサークルを押し開けて、自分は引っこむ。
110315RIMG0018.jpg

 

▼うむ、ジャスミン、ごくろーである!

110315RIMG0019.jpg 
面白い関係です…なんだかねえ。

 

2011.01.24 Monday

夢乃を偲ぶ

サスケと紫乃のかーちゃんにゃんこ、夢乃がアッチの世界へ先に旅立ち

約1年が過ぎました。

 

1/22の朝は、手を合わせて、

サスケや紫乃を見守ってくれているであろう夢乃にありがとうを。。。

 

まだ、足元に遠慮がちにすり寄ってくる感覚が残っているし、

姿が目に入らないことにも、なかなか慣れない。

でも、ここに「居る」感じが日々する。

 

ひとしきり泣いたあと、「じゃ、またいつかね」って、やっと言えました。

 

去年、ジャスPPからいただいたフリージアのバースディ花束を

夢乃と半分こして、持って行ってもらった。
110125RIMG0005 (2).jpg

夢ちゃん、去年より1本増えてるよー。香り、届いている?


2011.01.18 Tuesday

サスケ&タイガー 今日も、らぶらぶ〜ぅ♪

思い起こせば、タイガーはサスケが好きだけど

どう接していいかわからず、噛もうとしたり、覆いかぶさったり

乱暴狼藉をはたらいておりました。

サスケの身の危険を、本気で案じたほどで…。

 

サスケが辛抱強く(?)、愛の鉄拳や教育的指導をしたおかげで

今では仲のよろしいこと、このうえない。

タイガーが、大人になって、力の加減を覚えてきたこともあるんだろう。

乱暴者と思っていたタイガー、実は優しい守る気持ちも育んでおったのだね。

 

とにかく仲良し。

110113RIMG0003.jpg

110113RIMG0005.jpg

110114RIMG0025.jpg

110118RIMG0058.jpg

110118RIMG0057.jpg 

 

▼ラブラブ過ぎて、てぃだ坊、「見てらんねぇぞ」ってか?()
110118RIMG0061.jpg


2011.01.11 Tuesday

我が家の二大湯たんぽ

毎日のように「この冬一番の寒さ」と気象予報士が言うのをニュースで聞く。

身体がなかなか暖まらなくて、首や肩や腰や背中に、貼るカイロをぺたぺた。

レッグウォーマーも手放せず。

遠征でもないのに、現金封筒のように、上半身と下半身で

イレコテレコで服の重ね。

やっぱり冬眠したいなりよ。

 

湯たんぽ購入。

最近の湯たんぽは、あっちっちと火傷しそうなアルミ製でもなく、

便利になりましたこと。

 

▼我が家の二大寝る時湯たんぽ

110110RIMG0007.jpg 

お湯を入れて足元ポカポカの湯たんぽ。

もひとつは、布団に割り込んできて、腕にすっぽり収まって

肩のあたりに顎を載せる7kg越えの存在感あり、ぬくぬくサスケ。

でも、こっちの湯たんぽは、自分の機嫌によってすり寄ってきたり、

ぷいっと離れたりと、マイペースですわいな()

 

そういえば、今日は鏡開きですな。

 

お餅には、お正月に訪れる神様が宿っているとか、

お餅の白い色に清らかさを見出したり、

あるいは、つきたての柔らかさが柔軟性を表しているなど、

おめでたいお正月を祝うのに適した食べ物だと考えられていたそう。

刃物で切るのは縁起が悪いので手や木鎚で割って、

「切る」「割る」という言葉も避けて「開く」という言葉を使っているんだとか。

 

うちは、切り餅が中に入っているタイプです。
110111RIMG0017.jpg

だから正確には鏡は開きません。

 

そんでもってワタクシ達は粒あんが好きなので、毎年粒あんおしるこです。

110111RIMG0001.jpg 
今宵は飲み会のジャスPP、遅い帰宅でも鏡開きにつきあってくれました。
っつうか、無理やりイベントに「強制参加」


2010.12.27 Monday

紫乃ちゃま御殿

我が家の1Fの一角にある掘りごたつスペース。

今は封じて、布団を敷いて寝室になっている。2Fにベッドがあるのにね(笑)


そして、階段下も利用して、L字型に、
1枚分くらいをサークルで囲い、紫乃ちゃま御殿を作ってあります。

101228RIMG0002.jpg 

トイレもごはんも寝るのも、ここで大丈夫。

落ち着いて休めるように、そしてサスケとケンカになったり、歩き回って体力を使ったり

転んだり、棚に昇って落ちたりしないように。

 

今回の膀胱炎の影響でしょうか、

チッコが自分の思うままにできないようで、ベッドがチッコびたしになるので入れられず、

コストコでゲットしたダンボールを切って、Tシャツやタオルを敷き、

その上にペットシーツを敷いて仮設ベッドを作りました。

1〜2時間おきにシートを替えてあげれば大丈夫です。
 

お食事をお持ちすると、期待いっぱい、舌舐めずりで寄ってきて

101228RIMG0005.jpg 

完食していただけます!

 

ほんとに日に日に元気になってきている…良かったぁ〜。


▲top